美容とエステ対策なら任せて安心!大好評の対策法の中身をチェック!

美容とエステ対策なら任せて安心!

大好評の美容とエステ対策の中身をチェック!

背中ニキビ(背中にきび跡)を治したい時には生活習慣の改善と美白ケアが必要

背中ニキビ(背中にきび跡)を治したいと思うのなら、生活習慣の改善が必要です。

 

生活習慣が乱れていると肌細胞の働きが悪くなりますので、トラブルを抱える肌細胞がいつまでも残ってしまい、長い間背中ニキビ(背中にきび跡)が残ってしまいます。

 

しかし、生活習慣を整えることで細胞レベルでの活性化を図ることができますので、古い細胞をどんどん排出させて新たな細胞の生成を促すことで次第に改善されていきます。

背中ニキビ(背中にきび跡)が少し酷い場合には、セルフケアでは間に合わないこともあります。

 

跡に残っている時には影響が真皮にまで達していることも多いのですが、そうなるといくら肌表面の美白ケアを行っても改善されません。

 

 

ケミカルピーリングが効果的

 

そのような場合に有効なのは美容皮膚科で行われているケミカルピーリングです。

 

ケミカルピーリングでは弱い酸の力を利用して角質を溶かすことで排出させます。

 

短い期間でも改善が見込める方法であり、少し深い跡になっている部分にも対応できます。

それほど深い跡でなければ自宅での美白ケアでも良くなることがあります。

 

その場合は、赤みや色素沈着の残るような場合にはビタミンC誘導体を利用します。

 

ビタミンC誘導体は肌中のメラニン色素を排出させることができ、また新たなメラニンが生成されないようにという抑制の力も働きます。

 

ですから、症状の改善と予防が同時に行える方法です。自宅でピーリングを行う場合は、清潔にした肌にピーリング化粧水を塗ります。

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る