美容とエステ対策なら任せて安心!大好評の対策法の中身をチェック!

美容とエステ対策なら任せて安心!

大好評の美容とエステ対策の中身をチェック!

あそこの臭いで悩んでるのは私だけ? そんな私を救ったのはアンボーテ

そんな私を救ったのはアンボーテ

体を清潔に保つのは女性としてエチケットなのに、なぜかあそこの臭いが気になっていました。

 

ボディソープでしっかり洗っているのになぜ臭うのか理由が分かりません。臭いの元は汚れでしょうから洗っていれば臭いがなくなるはずなのに、特に汗をかく季節は気になります。

 

正しいケアが分からないまま悩んでいた時、SNSで出会ったのはアンボーテでした。まさかいつも使っていたボディソープが原因で臭いがしていたなんて衝撃的です。

 

誰にも相談できなかった

デリケートゾーンの臭いは気のせいかと思っていました。なぜなら毎日丁寧に洗っていたからです。不潔にしていたわけではないので臭うわけがないと信じていたんですがあそこ臭いという悩みはなくならず、だからといって正しいケアも分からずに、ただひたすら毎日ゴシゴシ洗うだけでした。

 

臭いが気になるのと同時期にかゆみが気になり始めたり、恥ずかしながら鏡で確認してみると黒ずみまで出ていることにショックが隠し切れません。このままではあそこ臭いだけでなく、かゆみも黒ずみも悪化してしまうと焦り始めて、やはり洗い方が足りないのかと思うようになりました。

 

香りのいいボディソープを購入

香りのいいボディソープを購入

私はもともとニオイフェチなので、部屋の香りや洋服の香りなども気を使っています。

 

いい香りに包まれると気持ちも穏やかになりますが、問題なのはデリケートゾーンの臭いです。私はあそこ臭いのを無くすために、普段使っていたボディソープよりも香りのいいタイプをいくつか用意しました。

 

体を洗っているときも、お風呂上りもいい香りに包まれるので、これならあそこ臭いも気にならなくなるだろうと思ったのです。値段もそれほど高いものではないですし、数種類買いそろえるのも特に負担になりません。その日の気分で使い分けていましたが、どういうわけかあそこ臭いが一向になくなりません。

 

頼ったのはネットの情報

誰にも相談できなかったので解決の糸口が見つけられずにいましたが、冷静に考えてみればネットで情報を集めれば何か分かるのでは、と思いついたんです。

 

調べてみたら、やはり同じような悩みを告白している人がたくさんいました。私が衝撃的だったのはデリケートゾーン専用の石鹸があったことです。

 

誰にも相談していなかったのでそんな情報も一切知らずに過ごしていました。たくさん情報がある中で私が見つけたのはアンボーテです。どうしてデリケートゾーンが臭ってしまうのか、その原因が分かったので私はアンボーテを選びました。実は私がこれまでやっていたケアは大きな間違いだったのです。

 

通常のボディソープでは刺激が強すぎるだけでなく、デリケートゾーンを健康に保つために必要な成分まで洗い流してしまうことが分かりました。そのため、洗えば洗うほど雑菌が繁殖しやすい状態になり、結果としてあそこ臭い状態になってしまうのです。アンボーテを使った感想は、普通のボディソープと使い心地は変わらないので特にケアが難しいということはありません

 

アンボーテの使い方

アンボーテの使い方

そのままでも泡立ちやすい石鹸ですが、泡立てネットを使えばさらにクリーミーな泡を作ることが出来ます。

 

私は100円ショップで泡立てネットを買いました。たっぷりの泡をデリケートゾーンに乗せて泡で洗うように気を付けます。力任せに洗ってしまうとそれが刺激になって黒ずみの原因にも繋がってしまうためです。ゆっくり丁寧に洗ったら、ぬるめのシャワーで洗い流すだけです。

 

デリケートゾーン専用の石鹸ですが、臭いが気になるところに使えるので、私は全身に使っています。汗をかく季節が特に臭いが気になると言われていますが、汗をかかない季節でも汗がこもって臭いがきつくなると言われているため、一年を通して全身に使い続けています

 

実際に使ってみて感じたこと

まず、かゆみを感じなくなったことにビックリしました。あのムズムズしたかゆみがなくなったということは、デリケートゾーンの肌状態が健康な状態に戻ってきたのだと実感しています。

 

かゆみがなくなってくると、今度は臭いも気にならなくなりました。あそこ臭いので悩んでいたのがウソのようです。その日の体調によって違うのかと思いましたが、生理中でも生臭いような臭いがありません。デリケートゾーンのケアに専用石鹸がどうして必要なのか、身をもってわかりました。

 

どんな成分が含まれているのか

アンボーテは世界基準のコスモスをクリアした専用石鹸です。

 

オーガニック原料配合率や天然由来成分の原料配合率、どちらも高い基準でクリアしています。モンドセレクション金賞受賞もしています。

 

8種類のオーガニック成分を配合していて、ダマスクローズは美容成分を角質層に届けるのを手助けしてくれるビタミンCが含まれています。アロエベラは保水力が優れていて、ムコ多糖体によって角質層までしっかり水分を蓄える働きをもたらします。マロウの粘性は乾燥から肌を守る成分が含まれています。

 

エーデルワイスは肌の引き締め効果があるので潤いが逃げないよう手助けしてくれますし、キイチゴはビタミンCやフラボノイドを含んでいます。エルダーフラワーは肌の引き締め効果のほかにも潤いやハリを与えてくれます。ハマメリスは皮脂など余分な汚れを落とす作用があり、サジーはビタミンはリノレン酸を含んでいるので、デリケートゾーンの皮膚を刺激から守ってくれます。

 

アンボーテの良い口コミ

アンボーテの良い口コミ

「初めて使ったデリケートゾーン専用石鹸ですが、これまで使っていたボディソープと同じように使えるので毎日簡単に使い続けられています。特に気になっていたあそこ臭い悩みもなくなりましたし、臭い対策だけでなく黒ずみ対策としてもしっかり働いてくれる優れものです。」

「口コミの評判が高かったのでそれほどあそこ臭いケアに効果があるのかと興味津々で使い始めたところ、確かにかゆみもなくなりましたし臭いの悩みも解決しました。石鹸を変えるだけでデリケートゾーンケアが出来たのは嬉しい限りです。」

「デリケートゾーンの肌のうるおいが失われて乾燥したり、それが元で雑菌が繁殖しやすいなんて知りませんでした。デリケートゾーンもケアが大切なのはアンボーテに出会って初めて実感できました。今は全身の臭いケアとして使い続けています。香りがいいのでお風呂の時間はリラックスタイムになりました。」

 

アンボーテの悪い口コミ

「あそこ臭いで悩んでいたので口コミで評判の高かったアンボーテを購入してみたけれど、やっぱり普通のボディソープにくらべて値段が高すぎる。使ってみた感じがとてもよかったので使い続けたいのは山々だけど定期購入でも値段の高さがネックになっている。」

「ローズとシトラスの香りが人気になっていて癒し効果もあるようですが、私は出来れば無香料のほうがよかった。あそこ臭いで悩んでいるので臭いの変化をもっとしっかり感じたかった。」

 

アンボーテの購入方法

アンボーテの購入方法

 

普段私はネットで買い物をすることが多く、amazonや楽天市場もよく使っていますが、アンボーテを買う時だけはアンボーテの公式サイトを利用しています。

 

そのわけはお得に購入できるためです。偽物に騙されないという安心感もあるので公式サイト以外から買うことはありません。ちなみに通常価格は税抜き6,980円ですが、定期購入なら初回限定税抜き3,980円2回目以降も4,480円で購入できます。

 

ボディソープとして考えるならば高いと感じるかもしれませんが、デリケートゾーンケアとして考えるならば、フェイスケア同様にそれほど高いと感じることはありません。あそこ臭いことやデリケートゾーンのくろずみ、かゆみで悩み続けることを考えたらずっとお得ではないでしょうか。

 

ちょっと心配な副作用のこと

アンボーテは天然由来成分を使っているため、私のように敏感肌の方でも毎日安心して使い続けることが出来ます。

 

ただし、使用中に万が一肌に合わないと感じた場合は使うのをやめて、肌トラブルが起きた場合は早めに専門機関で診察を受けることをおすすめします。基本的にアンボーテは子供にも使えるぐらい安全な石鹸です。オーガニック認証を受けているので副作用の心配はありません。

 

住谷杏奈さんプロデュース

ファッションディレクターとして、さらに自身もモデルとして活躍している住谷杏奈さんがプロデュースしています。

 

日ごろから美容やコスメに厳しい方がプロデュースしている石鹸で、住谷さん自身も毎日愛用しています。住谷さんのブログでその様子をうかがうことが出来ます。知名度のある方が携わって開発されたものと分かると、それが安心材料のひとつになるでしょう。

 

まとめ

オーガニック保湿美容液ボディソープとしてデリケートゾーンケアに欠かせないアンボーテで洗うことで、デリケートゾーンを保湿するケア臭いの悩み黒ずみの悩みも解消されています。心地のいい香りに包まれるので、毎日のバスタイムが癒しタイムになっています。デリケートゾーンケアはフェイスケアと同じぐらい大切であること、お分かりいただけたでしょうか。

 

あそこの臭いでお悩みならアンボーテの効果と口コミが参考になりました。

 

 

アンチエイジング

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る